「ホームにて」という曲があります。隠れた名曲としてファンにはおなじみの曲ですが、この情景を考えてみます。

まずこの駅はどこの駅だろうか、という最大の謎。みゆきさんの住んでいた場所を考えると、札幌、東京あたりをイメージしてしまいます。歌詞にある「街なか、ネオンライト」という言葉から東京と考えると、「汽車」という言葉がどうも引っかかります。一般的に「汽車」といえば「蒸気機関車」か「気動車」になるかと思います。気動車とは一般的にはディーゼル車のことです。さすがに歌詞から受ける印象は蒸気機関車ではないと感じます。ドアが自動ドアっぽいですし。「♪振り向けばドアは閉まる」ですから。ただどちらにしろ汽車=非電化区間ということになります。曲が作られた70年代に東京発で気動車が走っていた区間があるかと考えると、東北行きだとまだ非電化区間があったんじゃないかと推測してみました。

東北行きで調べてみると、上野~青森を走った「はつかり」が日本初のディーゼル特急だったようです。蒸気機関車で牽引していたものが昭和35年からディーゼル特急になったとのこと。このイメージか?と思いましたが「空色の汽車」ではなくいわゆる「国鉄特急色」です。クリーム色に赤ラインのあれですね。空色とはかけ離れているので却下。



「くろしお」ですが、これと同じ車両です。

上野発のブルートレインは?と調べると「はくつる」が昭和39年に上野~青森に登場。でも上野から栃木の北部までは電気機関車である「EF58」で牽引していたようで「汽車」ではないので却下。ブルートレインの客車の色も空色のイメージからはちょっと外れるかなという気もします。

空色に関しては「空色の汽車」と「空色のキップ」と2パターン出てきます。「♪ふるさと行きの乗車券」が空色のキップだとすると改札は通っているようなので、窓口で説明して切符をもらって帰ってきたのでしょうか?ただ乗車券は「払いもどし」ができるので長距離なら金額も高額だろうし、払いもどしをする気がします。もしかすると「♪溜まってゆく空色のキップ」は乗車券ではなく特急券かも!それなら持って帰ってくるのに何も問題ないし。「♪灯りともる窓の中では帰りびとが笑う」をイメージすると鈍行ではなく特急や夜行列車がぴったりくるので、やはりこの汽車は座席指定のある特急や夜行だと思います。

ここで頭を切り替え、札幌発の特急を考えてみます。「オホーツク」、「ライラック」、「おおぞら」あたりでしょうか。まずはオホーツクから調べていきます。オホーツクは昭和49年に札幌~網走間の特急列車として生まれたようで、「はつかり」と同じく国鉄特急色のディーゼル特急だったようです。ライラックもおおぞらも同じく国鉄特急色みたいです。でも前身である「大雪」という急行に夜行列車があり、その客車がブルートレインよりも明るい青の車両だったみたいです!だいたい「空色」なんて色、人によってイメージする色が違いますよね?空の色なんて時間や季節で変わりますし。ってそれを言っちゃ身も蓋もないけど(笑)。

と元鉄道好きの視点で「ホームにて」を解読してみました。

※これを書いたあと、コロタン文庫54「国鉄全線全百科」を読んでいたらもうちょっと調べたくなってしまいました(汗)。というわけで「追補版」に続きます。

ちなみに、そらいろ工房の名前の由来は絵本「そらいろのたね」です。いろんな動物がひとつの建物に住んでいる感じが素敵だなと思って名付けました。その後、カミさんと出会い中島みゆきを知りました。