昭和56年発行の「コロタン文庫54国鉄全線全百科」を読んでいたら札幌発の急行列車のデータが載っていたのでもうちょっと調べてみたいと思います。時代背景も1970年代をイメージしていたので良い資料かと思います。

前回は急行「大雪(たいせつ)」ではないか?というところで終わりました。しかしみゆきさんをイメージすると汽車は帯広に向かってほしいところですが、大雪は網走行きなので帯広は通りません。

国鉄全線全百科によると急行「狩勝(かりかち)」が帯広を通って釧路まで行くことがわかりました。その急行「狩勝」ですが、日中はクリーム色に赤ラインの気動車なのですが、最終だけは寝台急行となり青色の列車で走っていたようです。「♪ふるさとへ向かう最終に」ですもんね。その最終の発車時刻ですが、狩勝4号 札幌発21:30だったようで、歌のイメージにもぴったりです。

狩勝の急行券ですが、下記サイトを見ていただければ一目瞭然ですが「空色のキップ」ではありません。このあたりは歌詞の都合で空色にしたのかな?ということで。急行券なら反故にしても許せるかなという意味でもやはり特急ではなく急行である気がします。

ちなみにこの狩勝4号、貨物車が連結されていますが、この貨物車は東京の隅田川駅(貨物駅)からはるばる海を越えてやってきた貨物車で、東京ともつながっており運命を感じます。

前回の考察

参考サイト

寝台専用急行 狩勝
http://hodo.blue.coocan.jp/s/train/hokkaido/karikati/index.htm

狩勝
http://cyuouline.la.coocan.jp/page558.html

コレクション/急行狩勝7号(夜行)・D型硬券
http://blog.livedoor.jp/dd51_501/archives/30332315.html